読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『救命病棟24時 第4シリーズ』第3話を見た。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は花輪(板尾創路)と山城(木村多江)の救命への復帰エピソード。

話自体はよくまとまっていたとは思う。
ただ、それでも「もし」を差し挟みたくなるのは、もし、4話多ければ、花輪と山城のエピソードは別々に語られていたのかも知れないということ。

何となく山城の方の復帰があっさりと片付きすぎていたと思う。あるいは、この先にもう1度、つまづいてそこからの復活というエピソードが用意してある可能性もあるけど。

一方の花輪の復帰は、意外性はないけど手堅くまとめたという印象。

  1. 知識と技術の片鱗を見せる
  2. 誘いを断る
  3. 救命に未練を感じているが、子供との関係を維持する為に救命に戻らない
  4. 目の前の患者を助ける為に、大事な裁判より治療を優先
  5. 裁判に遅刻し、一度は子供のことは諦める
  6. しかし、子供は医者としての父をヒーローだと思っていた

なんとも、ベタな展開。
悪くは無いけど、ちょっと物足りなくもある。

今回のシリーズのテーマは「救命医療の崩壊」。
そして、それは進藤(江口洋介)と澤井(ユースケ・サンタマリア)の思想の対立によって描かれている。

「医師たちもまた人間であり、過酷な現場を改善しなければならない。そうすることで、より高度な医療を提供できる」と考えている澤井。「目の前の命を追う」ことを第一に考える進藤。

この図式に当て嵌めれば、花輪は進藤の思想に近いところで救命医をしていた結果、家庭を失ったという、澤井の考える「過酷な現場の犠牲になった医師」のモデルケースみたいなキャラクターだ。今回のドラマでは、結局、花輪は失ったものをほぼ取り戻して現場に復帰した。言ってみれば進藤の思想が肯定されたという結末だ。

前回の丹原(趙ο臓砲良帰も、進藤の姿勢に共鳴して復帰したという形なので、これも進藤の思想が肯定された結末になっている。

僕が物足りなく感じる点はここなんだ。
これまでのシリーズでも、救命の過酷さや負わされる責任の重さから、現場を逃げ出した医師たちのエピソードは何度か描かれたけど、結局、そのどれもが「患者を救う」という医師の原点に立ち返ることで、再生するという決着になっていた。そして、それによって何かを失うということは無かった筈だ。

例外的に第2シリーズで医局長の小田切(渡辺いっけい)が過労で死亡するという話があったけど、あの時も「小田切の死をムダにするな!」的な展開になって、結局、それが原因での挫折が描かれたわけではない。

今回のシリーズに関して言うと、進藤と澤井の思想の違いという対立軸があるわけで、それを描くなら、やっぱり現場の過酷さに挫折するというエピソードがあっても良いんじゃないかと思う。救命医としての再生ではない救済で決着したり、「患者を救う」という原点に立ち返る以外の方法で再生するなど、これまでとは違った形の挫折エピソードが必要なんじゃないだろうか?

ちょっと、上手くまとめられてないけど、今回のシリーズに僕が期待してるのは、「進藤イズム」「進藤チルドレン」の否定と、進藤自身の挫折だと思う。で、そこから澤井との対立の中から相互理解を経て、「進藤イズム+」「進藤チルドレン+」が生まれるという感じ。わりとありきたりな感じかな?

ともあれ、これで救命センターのスタッフも陣容が固まったので、次回以降がまた楽しみだ。


【関連記事】
『救命病棟24時 第4シリーズ』第2話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時 第4シリーズ』第1話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第4話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜



| テレビ | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『天地人』第34回「さらば、越後」を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は上杉家の越後から会津への国替えが描かれた。

物語的にも一つの大きな転換点ということらしく、これまでの名場面(主に別れの場面中心)がフラッシュバックしていた。

これで仙桃院様(高島礼子)はお役ご免というところだろうか。
で、どうやら次にお役ご免が近そうなのが秀吉(笹野高史)。そして、一気に物語が関ヶ原に向けて加速することになるのだろう。

さて、前回も『天地人』をサラリーマンドラマ的に解釈してみたけど、今回の国替えは、言ってみると、自分が立ち上げから関わってきた部署から、会社の都合で新しい部署に異動することになったサラリーマンの心境といったところだろうか。まあ、これからも仕事が出来るだけマシという考え方もできる。


今回、気になったこと。
  • 突然、老け込んだ秀吉。
  • 隠居したと思ってたのに意外に影響力のある惣右衛門(高嶋政伸)


【関連記事】
『天地人』第33回「五人の兼続」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第32回「世継ぎの運命」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第31回「愛の花戦」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜



| テレビ | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『救命病棟24時 第4シリーズ』第2話を見た。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は第1話で作った二つの大きな伏線が決着した感じ。

まず、小島先生(松嶋菜々子)の裁判問題。
澤井先生(ユースケ・サンタマリア)の係争中の相手に、救急医療の現状と問題点を説いて、告訴取り下げ。
なんとなく、あっさりと決着してしまったような印象。

そして、進藤先生(江口洋介)が薬を飲んでいる問題。
アフリカでHIV感染の疑いのある患者の治療中に、誤って使用済みの注射針を自分に刺してしまっていたことが判明。あの薬は血液検査を受けるまでの間服用を続ける抗ウィルス薬だった。そして、血液検査の結果は陰性で決着。
ついでに、丹原先生(趙ο臓砲救命に目覚めるというオマケ付き。

ちょっと展開を急いでいると感じる。
今回決着した伏線も中盤くらいまで引っ張っても良さそうな気もする伏線だけど、2話で決着せざる得ないということに、やっぱり放送短縮が影響していると思ってしまう。

当然、放送短縮するにあたって、かなりエピソードを削って、再構成するということが行われたと思う。明らかな例としては、公式サイトの山城(木村多江)の紹介欄に痕跡がある。

医師の城島とは離婚し、バツイチで娘が一人。海南医大の放射線科に勤務しているが、港北医大で一緒に働いていた進藤と再会したことで救命へ。シングルマザーであることを隠して救命の現場で働き始めるが、いつしか無理がたたり悩み始めることになる。


既にシングルマザーであることは隠していないので、これは恐らくシナリオが変更される前の設定だと思われる。こういうのを見ると、やっぱり11話見たかったと思う。

と言うのも、さすがにキチンと作ってあるから、尚更、そう思うんだよね。

進藤と澤井の対立というのは、ストーリーの中で大きなテーマなんだけど、澤井の言ってることは間違いなく正論。医師だけの問題でなく、患者にとっても救命医の犠牲の上に成り立っている救命医療の現場の問題というのは重要な問題。その問題を厚生労働省と国に訴えかけることで改善しようとする姿勢は、見ていて共感するところも大きい。

進藤自身もこれまでのシリーズの中で「医者も人間」というのに類することを結構言ってたように記憶してる。その意味で、進藤自身の中にも、澤井を否定しきれない微妙な感じ描かれていて、引き込まれる。

まあ、テーマがテーマだけに、なかなか爽快感のない展開で、つねにリスクを頭に置いて患者に対応する医師たちというのは見てて辛かった。最後のところで、溜飲を下げさせてはくれるんだけどね。最終話では大団円を迎えて欲しい。

ちょっと気になったのは、このドラマの世界では3年前に東京で震災があったことになっている。あれだけの被害を出した震災の後なのだから、行政などで何かしら変化がある筈だと思う。少なくとも、ドラマの中の世界と現実の世界が全く同じということはないだろうと思う。そこのところを、ちょっと描いてもらえると、シリーズを追いかけてるファンとしては、嬉しくなるんだけど。

ともあれ、第2話も十分に面白かった。
次回にも期待したい。


【関連記事】
『救命病棟24時 第4シリーズ』第1話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第4話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第3話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜

| テレビ | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
民放の選挙特番ラインナップ。
JUGEMテーマ:総選挙2009

選挙が近づいて来た。
公示日も過ぎていよいよ本番モードというところか。

さて、個人的に気になるのは、8月30日に各局が放送する選挙特番。
民放各局も特番を続々と発表し始めた。

FNNスーパー選挙2009 審判の日
フジテレビは、安藤優子、高島彩、滝川クリステルといった面々での総力戦を挑む模様。総合司会の1人として石原良純を起用しているのは、個人的には“?”だ。兄弟からのコメントを引っ張り出そうという意図かも知れないけど、良純が政治に絡んだ積極的なコメントをしてるところを見たことないんだけどなあ。

NNN総選挙特番 ZERO×選挙2009
日本テレビは島田紳助と村尾信尚という御馴染みのコンビに加えて、桜井翔や小林真央も参加する。「NEWS ZERO」の拡大版という感じか。何せ24時間テレビの後を受けての放送開始なので、まだ、イモトがゴールしてなくて、選挙速報中にワイプで武道館中継みたいな展開も有り得る。ある意味では、一番、興味をそそるかも知れない。

乱! 総選挙2009
TBSは筑紫さんがいないのが辛い。後藤謙次、安住紳一郎、小林麻耶という顔ぶれだけでは見劣りするところ。で、引っ張り出してきたのがビートたけし。後藤さんとビートたけしが絡む絵が全く思い浮かばない。なんとなく、苦戦しそうな気配だね。

選挙STATION2009
テレビ朝日は古舘伊知郎が司会をつとめる。田原総一郎も出るのかな? 目新しさはあまりないかな。という感じ。

ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜
テレビ東京は小谷真生子がキャスターをつとめる。僕が住んでる家では、テレ東系が映らないので、関係ないとも言える。

全体的にバラエティ番組のような顔ぶれだなあということ。
中身はどこも大きな差を付けられないから、盛付や外箱に凝るしかないということかな。

個人的に期待しているのは、よみうりテレビが「たかじんのそこまで言って委員会」をベースにした選挙特番を作ってくれないかなということ。以前、実際に企画に上がったことはあるみたいだけど、三宅先生のスケジュールを確保できなく断念したらしい。これ、実現したら絶対面白い番組になると思うんだけどなあ。

もっとも、基本的には各局をザッピングするんだけどね。

【関連記事】
世襲の悪を説くよりも…… | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
自爆解散。その先に希望はあるのか? | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
民主党、やっちゃったよ。。。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜

| テレビ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『官僚たちの夏』第7話を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は新たに登場した古畑通産大臣(佐藤B作)が大暴れ。あまりにも分かりやすい二流政治家として描かれているのは、ちょっとどうかな?と思わんでもないけど、佐藤B作がハマってて良かった。

国内産業保護法案を巡る攻防が、今回は描かれた。鮎川(高橋克実)や西丸(佐野史郎)でなくても、風越(佐藤浩市)は上司としては、かなり難しい。有能で行動力もあるだけに性質が悪い。正直、僕なら上司にしたくないタイプだな。

で、そんな風越とどうやら牧(杉本哲太)は袂を別つらしい。ホームページのトップページの画像も、池内総理(北大路欣也)側に配置されていたから、こういう展開は予想の範囲か。これで風越派と玉木(船越英一郎)派が明確に色分けされた。

むしろ予想外だったのは、次回予告の第2部の文字。来週、再来週と2週飛んで、9月の再開からは「第2部」になるらしい。特許庁に出された風越が捲土重来を期して、もう一度、立ち上がるという展開になるんだろう。

池内総理には、どうも死亡フラグが立ったっぽい。史実では池内総理のモデルである池田勇人は癌で亡くなっている。ドラマの中での池内信人はどうなるのだろうか?

【関連記事】
『官僚たちの夏』第6話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『官僚たちの夏』第5話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『官僚たちの夏』第4話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜

| テレビ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『天地人』第33回「五人の兼続」を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は顔見せ的にいろんな人が出てきた。
伊達政宗(松田龍平)、小早川秀俊(上地雄輔)、初音(長澤まさみ)といった面々は、ほんの1シーンの登場。初音はもう登場しないかと思っていたけど、まだ、何がしかの形で絡んでくるのかな?

初登場は、五大老の一人として登場した宇喜多秀家。演じているのは、仮面ライダー龍騎こと須賀貴匡。久々に見た気がする。

さて、ストーリーとしては拾を溺愛するあまりどんどんおかしくなっていく秀吉(笹野高史)に、三成(小栗旬)と兼続(妻夫木聡)が五大老五奉行制を進言するというのが、今回の核。

中間管理職として、かつての輝きを失いつつある創業社長の下で苦労しているのが三成だ。おかげで親友との関係も気まずくなって大変。苦労知らずのバカな二代目が出てくると、会社は傾くものだけど、まさに豊臣政権はその図式か。

そして、今回は秀吉が倒れるところで、次回に続く。
さて、いよいよ関ヶ原へのカウントダウン開始ですな。

今回、気になったコト。
  • みんな髭を生やしました。
  • 秀吉のメイクがキモイ。
  • 宇津井健は意外と猿顔なので秀吉役もハマりそう。
  • 五奉行は三成以外には前田玄以しか判別できませんでした。

【関連記事】
『天地人』第32回「世継ぎの運命」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第31回「愛の花戦」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第30回「女たちの上洛」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜


| テレビ | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
ドラマ『こち亀』第3話。お話のフォーマット。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

視聴率は辛うじて二桁をキープしているものの期待していた数字にはほど遠く、主題歌CDもどうやらコケてしまったらしい。放送終了と同時にせんだみつお版と同じく黒歴史化が確定しそうな勢いだ。冒頭の生放送部分で香取慎吾が言う「テレビを見ろ!」が本当に魂の叫びに聞こえてしまう痛々しさ。

今回はゲストキャラに日暮(宮藤官九郎)が登場。
ストーリーとしては、両さん(香取慎吾)と日暮が、侍の幽霊(田口淳之介)を成仏させる為に奮闘するという話。

このドラマって両さんが良い人過ぎないか?
マンガ版の両さんも良い人なのは間違いないけど、もっと欲望に忠実だ。両さんひいては『こち亀』の魅力っていうのは、そこにあると思う。

毎回毎回「両さんの活躍でみんな笑顔になりました」的なラストになると、これはもう別物になってしまわないか?

両さんが欲望のままにありとあらゆる手段を使って大暴走して、最後に自滅する。『こち亀』の基本フォーマットはこれの筈だ。どんなにキャラに忠実な衣装を着せようが、そこをハズせばそれはもう『こち亀』とは違う物になってしまう。作ってる側がそこを理解してない気がしてならない。

ただ、うちの子供たちは結構、喜んで見てるから、『こち亀』にほとんど思い入れのない人にとっては、結構、面白いドラマなのかな?

【関連記事】
ドラマ『こち亀』第2話。良い所探してみよう。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
ドラマ『こち亀』第1話。この痛々しさの正体は? | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜


| テレビ | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『天地人』第32回「世継ぎの運命」を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


あっさりと朝鮮出兵は終了。
秀吉(笹野高史)と淀(深田恭子)の間に世継ぎ・拾が誕生する。そして、秀吉の養子・秀俊(上地雄輔)の養子縁組の騒動に、景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)が巻き込まれる。

というところが、今回の前半戦。
初登場は後の小早川秀秋こと秀俊役の上地雄輔と毛利輝元役の中尾彬。

まず、上地雄輔の秀俊はバカっぽくて良い。基本的に小早川秀秋は「バカな若様」的なキャラクターとして描かれることが多いけど、そういう意味では「おバカキャラ」が売りの上地雄輔はある意味でハマり役とも言える。

次に中尾彬。さすがに渋い。『天地人』は若手のイケメン俳優を並べたというキャスティングが一つの売りだと思うけど、一方で笹野高史、松方弘樹、宇津井健、そして、中尾彬と実力のあるベテランが揃っていて、今回の五大老が揃って、三成(小栗旬)に嫌味を言うシーンはなかなか見応え有り。ところで、宇喜田秀家って誰がやってんの?

後半では舞台は越後に戻って、久々に上田衆の面々が登場。東幹久やパパイヤ鈴木の顔を見るのも、随分と久しぶりな気がする。行方不明中のお涼(瀬戸朝香)も再登場。と言っても、ついこないだまで出てたからね。そんなに久々でも無いか。

相変わらず、ストーリー的には大きなイベントも起きない。
歴史的には結構大きなイベントが起きてるんだけど、上杉家をメインに据えると、中央で起きている事件はなかなかストーリーに絡めにくいのかも。

今回、中央と地方からの国造りという言葉が出てきた。今、丁度、衆院選が目前に迫ってきて、地方の首長の影響力が強くなっている。これって、ある意味では中央集権が確立しておらず、五大老ら地方の大名が大きな力を持っていた豊臣政権の時代に通じる……というのが、今回のシナリオの裏テーマか?

それにしても、冒頭で出てきた朝鮮の戦場のシーンのスタジオセットの安っぽさはなんとかならんものだろうか?


【関連記事】
『天地人』第31回「愛の花戦」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第30回「女たちの上洛」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第29回「天下統一」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜


| テレビ | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『救命病棟24時 第4シリーズ』第1話を見た。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


ようやく『救命病棟24時』の第4シリーズが始まった。

今回のシリーズで描かれるのは、医療崩壊。
舞台となるのは、激務に追われ救命医療を取り巻く環境に抗議する為、救命医が全員辞職した病院。

そして、その病院に進藤先生(江口洋介)が赴任する。勿論、普通に赴任するわけではなく、受け入れを拒否され続けた危険な状態の患者に偶然遭遇し、その患者を処置しながらの登場だ。第2シリーズ以降、たまたま居合わせた患者を処置しながら病院にやって来る進藤先生というのは、最早、定番の登場シーンだ。

もう一方の主役である小島先生(松嶋菜々子)は、患者に医療ミスを訴えられ現在、係争中。しかも、その時に下した自分の判断の誤りを認めて、救命医を辞めてしまっていた。これは先週放送された『救命医・小島楓』の第4話から繋がるエピソード。

さて、今回のシリーズでは進藤先生と対立するキャラクターとして、医局長の澤井(ユースケ・サンタマリア)が登場する。澤井は救命医の過酷な環境によって成り立つ現在の日本の救命医療を批判し、患者の受け入れを巡って進藤と対立する。

このシリーズでは、進藤と澤井の思想対立というのが、物語の軸になってくるんだろう。二人とも救命の現場に危機意識を持っていて、それを改善しようとする目的は同じわけで、その目的に対する方法論の違いという対立だ。ストーリー的には二人の和解なり理解なりが描かれることになる筈だ。

第2シリーズ、第3シリーズは群像劇のドラマとして非常に面白かったのだけど、この第4シリーズはどうだろうか? 今のところ、登場人物たちがまだ確立されていないという印象。まあ、第1話だから仕方ないけどね。

正直言って、いきなり期待値の高いドラマなので、面白かったんだけど、何か物足りなさも感じる。

ともかく、来週が楽しみだ。


 他に気になったこと…
  • 地震で壊滅した東京は復興したのか?
  • 進藤先生の飲んでた薬は何かのフラグか?


【関連記事】
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第4話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜





| テレビ | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
『官僚たちの夏』第6話を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は経済成長の負の部分である公害問題にスポットを当てられた。

これまで劇中では“良い者”だった風越(佐藤浩市)ら国内産業派が一転して、状況に対する認識の甘い“悪者”になる展開。もっとも、最終的には公害問題を一つ解決したことになるんだけどね。

公害問題を引き起こした製紙会社が、今回の劇中では悪役になっていたわけだけど、ここはもう一歩踏み込んで描いて欲しかった。

あの工場で働いている人にも家族があるわけで、公害問題で漁獲量が減って生活が困窮する漁民がいるなら、その公害対策を行うことによって負担が増し、それが生活に跳ね返る社員があの製紙工場にはいるわけだ。

劇中では「交渉が重ねられた」というナレーションの一言のみで済まされていたが、実際には、それこそ前々回のオカヤ織物の社長(桂ざこば)のように、通産省の政策に翻弄されている会社の姿があったと思う。

本来、このドラマには本当の悪役というのはいない筈だ。公害は悪だけど、公害を引き起こしている会社には、当然、そうせざる得なかった理由があっただろう。ただ単純に「公害は悪いことだ!」だけを声高に叫んでみたところで、そこに意味なんてない。

この6話に決定的に欠けていたのは、何故、「公害が起きてしまったのか?」という原因に対する言及だ。僕はあのナレーションの一言で済まされていた交渉の部分にこそ、このドラマが本当に描くべき物があったと思う。

さて、ちょっとキャストについても感想を一言二言。

毎回、どうにも違和感を感じている片山こと高橋克典。
何か今週はスネ夫みたいだった。玉木の腰巾着にしか見えない。高橋克典はジャイアンであって欲しいなあ。そう言えば、アメリカのライフスタイルを志向するところもスネ夫みたいだ。

それと、来週の予告に佐藤B作が出てたけど、せっかく佐藤B作を出すなら、その芸名の由来である佐藤栄作をモデルにしている須藤恵作の役をやらせりゃ良いのに……って、何かややこしいな、これ。


【関連記事】
『官僚たちの夏』第5話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『官僚たちの夏』第4話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『官僚たちの夏』第3話を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜


| テレビ | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ

ブログパーツ