読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『アイシールド21』完結によせて。 | main | 【ネタバレ注意】ゲームブック『チョコレートナイト』プレイ日記(その1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『痛快無比!芦原英幸読本』読了。
JUGEMテーマ:格闘技全般

芦原英幸という名前を最初に知ったのは、たしか佐竹雅昭を主人公にK-1の創成期を描いたマンガ『となりの格闘王』の最終巻に載ってた石井館長の若き日を描いたマンガだったと思う。

石井館長は芦原道場の出身。芦原英幸の弟子にあたる。で、独立して大阪に正道会館を創設し、K-1を立ち上げる。そう考えると、芦原英幸がいなければ、今のK-1の隆盛は無かったということか。

で、この『芦原英幸読本』では、芦原英幸と縁の深い人たちが、芦原英幸について語る。個人的には緑健児のファンだったので、緑のインタビューが載ってるのが嬉しかった。

それにしても、やっぱりここにも梶原一騎の影。
最近、読む本、読む本に梶原一騎の影がチラつく。まあ、芦原英幸って言えば、『空手バカ一代』において大山倍達と並ぶ主人公の1人だから、当然と言えば当然なんだけども。そうそう、この本でも真樹日佐夫のインタビューがある。

もっと、ケンカばかりの人かと思っていたが、どの人の話の中でも共通して芦原英幸という人は真面目な人柄だったことが語られている。ちょっと、意外。

ただ、そんな中で、芦原英幸の哲学として紹介されている言葉が印象深い。
いくら正しいと主張しても、暴力に負けてはどうにもならない。
これはまさしくその通り。
やっぱり、自分の正しさを貫く強さは必要なんだ。

芦原英幸は格好良い。
ああ『空手バカ一代』を読みたくなった!

  


【関連記事】
『梶原一騎伝』読了。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
決定! 魔裟斗vs川尻! | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
| プロレス&格闘技 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:38 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ