読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『官僚たちの夏』第1話を見る。 | main | 『天地人』第27回「与六と与七」を見る。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
ゲームはクリアできれば面白いのか?
JUGEMテーマ:ゲーム
ゲームの苦手場面、飛ばして先へ 任天堂が「スキップ機能」 デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS
任天堂はゲームソフトに初心者向けの「スキップ機能」を採り入れる。ゲームの途中で難局にぶつかり前に進めなくなった際に、その場面だけを飛ばして先へ行ける。何度も途中であきらめているうちにゲームから遠ざかってしまう消費者がいるのに配慮した。今秋発売のソフトから順次導入する計画だ。
何か間違ってないか?
ゲームをプレイする目的っていうのは、クリアすることではない筈だ。
「クリアすること」が目的なら、例えばMMORPGにあれほど人が集まる理由がない。

僕にとってゲームをプレイする目的は、その時間を楽しむことにある。
「楽しむこと」と「クリアすること」は必ずしもイコールではない。
「クリアすること」は「楽しむこと」を実現する為の手段の筈だ。

実際、僕が子供の頃に遊んだファミコンソフトは理不尽な難易度のゲームも少なくなくて、おそらくクリアしたゲームの方が少ない。にも関わらず、僕の最も楽しかったゲーム体験はその頃のゲームの中にある。
ビデオゲームの登場から約30年。ゲームの中身が複雑になって初心者には対処できない場面も増えている。スキップ機能があれば攻略本などで調べなくても苦手な場面をクリアでき、少なくとも「先に進む楽しさ」を味わえる。
根本的に間違ってる。
ストーリー性が導入されたことで「ストーリーを先に進めることで得られる楽しさ」をゲームは獲得したと思うけど、それはあくまで楽しみ方の一つであって、本来提案すべきことは、「先に進めなくても十分に楽しいゲーム」なんじゃないのか?

「ニンテンドーDS」や「Wii」の目指した方向性っていうのは、僕は「先に進めなくても十分に楽しいゲーム」への原点回帰だと思ってたんだけどなあ。

宮本さんはこれで良いと思ってるんですか?

【関連記事】
『ドラクエ9』ってMMOじゃなかったの? | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜



| その他 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 13:14 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ