読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< なんとも地味な『月の蛇 〜水滸伝異聞〜』 | main | 西原理恵子 vs 江口寿史 vs 福本伸行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
知らないうちに犯罪者なってるかも知れないってこと?
JUGEMテーマ:社会の出来事
 
海外の児童ポルノ・アドレス掲載、19歳私大生ら摘発 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 海外の児童ポルノサイトのアドレスをインターネット掲示板に掲載したとして、神奈川県警が沖縄県宜野湾市のパチンコ店店員(37)と鹿児島市の飲食店店員(37)の男2人を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑などで逮捕していたことがわかった。

 捜査関係者が明らかにした。海外の児童ポルノサイトのアドレスを掲載した同法違反容疑での立件は全国で初めて。県警は近く、この掲示板を開設した千葉県流山市の私立大2年の少年(19)を同法違反ほう助容疑などで横浜地検小田原支部に書類送検する。
これって凄く怖い事件じゃないか?
何が怖いって、URL書き込んだ奴だけじゃなくて、掲示板を開設してた奴まで、引っ張られているという事実。

正直なところ、書き込んだURLがリンクとして機能してようが、カタカナ交じりだろうが、そのあたりはどうでも良い。だって、どう考えたった書き込んだ奴の意図は明白だから。

今回のケースに限定して考えれば、開設していた奴の意図も書き込んだ奴の意図に比較的近いとは思うんだけど、こんなのいくらでも拡大解釈できてしまう。

ネット上でも結構、話題になってるけど、例えば、自分が遙か昔に設置して忘れ去っていた掲示板があったとする。そこに自分の知らないうちに、児童ポルノサイトのURLを書き込んだ奴がいた。今回のケースが成立するなら、これもアウトにならないとは言い切れないんじゃないのか?

今回は児童ポルノが対象だったけど、例えば「Youtube」や「ニコ動」に出ているテレビ番組なんかを録画した動画を掲載しているサイトなんかも、いずれは危なくなるんじゃないのか?

小飼弾さんが昨日ブログでこの事件について言及されていた。
404 Blog Not Found:news - URLを掲示しただけで刑事犯?
警鐘、大いに鳴りましたよ。

「言論の自由終了のお報せ」という警鐘が。

言論の自由どころか、自由な言論へのリンクさえ禁じられるわけですから。
概ね同感なのだけど、実を言えば表現の自由や言論の自由ががどうのとかいう議論より、僕が関心を持ってるのは、何がセーフで何がアウトかという明確な線引きだ。そこがハッキリしなきゃ、書いて良い範囲が分からん。

それから、今回の事件でどうしても知りたいのは、引っ張られる前の時点で、警告があったのかどうか?ということ。いろいろとニュースを読んだけど、そこら辺がハッキリしない。いきなり引っ張られるんじゃ、たまったもんじゃない。

もし、警告なしにいきなり引っ張られるなら、早速にでも記憶を辿って、これまで開設しては運営をやめて来た無数のWebサイトを整理しなくちゃならなくなる。放置したままの掲示板が知らないうちに、ヤバイ掲示板に化けている可能性は否定できない。

こんなの僕だけが特別な話じゃなくて、誰でも簡単にWebサイトやBLOGを作れる今の時代、他人事だと笑える奴は少数派なんじゃないのか?

これは、洒落にならんよ。
| 社会・政治 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ