読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 【ネタバレ注意】ゲームブック『チョコレートナイト』プレイ日記(その4) | main | 『ファーストガンダム』放送中! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『天地人』第29回「天下統一」を見る。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

小田原攻めが終わり、秀吉の天下は成った。
戦国時代の一つのターニングポインなんだけど、このドラマの中では微妙に印象が薄い。やっぱり、小田原攻めは秀吉の戦であって、上杉が主役ではないからかな。正直、ちょっと盛り上がりに欠ける感じだった。

このドラマで松田龍平が演じる伊達政宗は若き野心家というより、ワガママ坊主といった印象。結構、この政宗像は面白いかもしれない。

原作ではこのあたりで前田慶次郎が登場する。
しかし、ドラマでは未だに影も形もない。

先日発売された『天地人』のストーリーブックの後編を見たのだけど、前田慶次郎はどこにも出てない。どうやら、ドラマには登場させない方向で決まったと見るべきだろう。残念だ。

一応、原作もちょっと読んでみたのだけど、出羽合戦のくだりで、ちゃんと切腹しようとする兼続を前田慶次郎が諫めるという場面もあった。これは結構重要な場面。ここで慶次が出ないとすると、誰かが変わりにやることになる。泉沢久秀あたりか? いやあ、それじゃ、イマイチだろう。

一説には、何かしらの不測の事態があってキャスティングが難航しているとも、サプライズを狙っているとも言われているが、いずれにしても原作での登場シーンを過ぎても出てこないのは不自然だ。慶次登場は夢と消えたかな。

そうそう、ドラマの中で、家康が三成に「こたびは城一つ落とせなかったそうじゃのう。戦は甚だ苦手とみえる」と言う場面があった。ここで家康が言及してるのは、忍城攻めのことだろう。

この忍城攻めを小説化した作品に『のぼうの城』というのがあるのだけど、これが滅法面白かった。三成が戦下手というだけに終わってないところも良かった。確か映画化が前提だった筈だけど、どうなったかな?

さて、『天地人』に戻ると、ここからはちょっと秀吉がおかしくなり始める。来週は利休の切腹。どうなることか?

それにしても、再登場した遠山康光は、本当に出てきただけだった!


【関連記事】
『天地人』第28回「北の独眼竜」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第27回「与六と与七」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『天地人』第26回「関白を叱る」を見る。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜



| テレビ | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:21 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ