読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 世襲の悪を説くよりも…… | main | ドラマ『こち亀』第1話。この痛々しさの正体は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
やる夫、本になるの?
JUGEMテーマ:読書

そう言えば、ちょっと前に話題に上った「やる夫」の本。

AMAZONにも出版元のワニブックスのサイトにも「やる夫が本になったお!」というコメントと、「やる夫(仮)」というタイトルが書いてあるだけで、さっぱり内容が分からない。

僕も一時期、やる夫にハマって、いろんなのを読んでたことがあった。
業界裏話的なものや学術解説的なものなど、ジャンルは幅広く、基本的には大きなハズレのない読み物だった。

僕のオススメは、「やる夫が小説家になるようです」と「レンタルビデオ店で働くやつ(タイトル忘れた)」。前者は何か小説家になれそうな気になる。後者は実際にレンタルビデオ店で働いてたことがあるので、一つ一つの事件が納得させられた。何故か「レンタルビデオ店」の方がネット上で探せなかった。残念。

まとめサイトで様々なやる夫が読めるので、まだ読んだことのない方は、一度、読んでみてください。

で、今回の本はどういう内容になるんだろうか?
普通に考えれば、これまでに発表されたものを、本にするというのが真っ当に思える。その場合、何が収録されるのか?というのも気になるところ。

それ以上に気になるのは、著作権の問題。
2chからの書籍化の時は、必ず著作権の問題がクローズアップされる。やる夫についても、書いた人間を特定できるかと言えば、結構、微妙だろう。
それに、やる夫には二次創作的な作品も多い。そうでなくても、登場人物のアスキーアートは基本的に版権キャラだ。かなり権利関係複雑なんじゃないかな?

例えば、アスキーアートの版権キャラを丸ごと削除したり、差替えてしまったりすると、これは魅力半減。難しいところだね。

ともあれ8月29日の発売までには、徐々に中身も明らかになることだろう。
楽しみにしてよう。
ワニブックス
¥ 1,260
(2009-08-29)

| インターネット | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 14:45 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ