読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『官僚たちの夏』第5話を見る。 | main | 5つの近未来インターフェイスの動画? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第4話を見た。
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

今回は第3シリーズの総集編。
新撮部分のゲストに第3シリーズに自殺未遂の患者役で出演していた井上真央が登場。

第3シリーズには相当ハマった。
直下型の大地震に見舞われた東京を舞台に、病院だけに留まらず、シリーズで最もスケールの大きなドラマを見せてくれた作品だった。

今回の総集編ではあまり大きく取り上げられてはいなかったけど、個人的には仲村トオルが演じていた国会議員の寺泉の成長ドラマが面白かった。最初は自身の栄達を最優先に考える利己的な政治家だったのに、震災の真っ只中に身を置いているうちに、人間としても政治家としても大きな成長を遂げていた。彼の演説シーンに涙したのを思い出す。

第3シリーズは救命医療や病院という枠の外で、様々なドラマが展開されていたこともあり『救命病棟24時』というシリーズの中では、ちょっと異端な作品かも知れないけど、ここ何年かのドラマではかなり完成度の高い部類に入る傑作だと思う。未見の人には、是非、一度、見てもらいたい作品だ。

余談だけど、今、丁度、同じフジテレビ系列の深夜アニメで『東京マグニチュード8.0』というのをやっている。これもやはり“東京に大地震が発生して〜”というのを描いた作品なんだけど、アニメとドラマというジャンルの違いを抜きにしてもかなり印象が違う。一つには『救命〜』は医者や政治家、ボランティア、そして患者と様々な視点の入り混じる群像劇なのに対して、『東京〜』の方は中学生の女の子の一人称の視点に近い。彼女が震災の中で家族や学校などの問題とも対峙していくことになるのだろう。個人的な感想としては『東京〜』は面白いんだけど、ちょっとイラっとする。僕が大人の視点で見てるからなのかも知れない。

余談ついでに、震災をテーマにした作品では、かわぐちかいじの漫画『太陽の黙示録』もオススメ。

さて、そんなわけで来週からは、いよいよ第4シリーズがスタート。
今回のラストで搬送されて来た患者が、どうやら伏線になる模様。何にしてもまた、進藤先生(江口洋介)や楓(松嶋菜々子)の活躍を見られるのは嬉しい限り。楽しみだ。


【関連記事】
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第3話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第2話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
『救命病棟24時〜救命医・小島楓〜』の第1話を見た。 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜



  
| テレビ | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:02 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ