読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 「第3回 ツイッター映画会」へのお誘い。今回の映画は『時をかける少女』です。 #tweigakai | main | 『アゲイン 男たちの挽歌3』は不満もあるけど、好きな映画なんだよね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『新・宇宙開拓史』を見た。分かってるような、分かってないような。。。
評価:
¥ 3,662
Amazonおすすめ度:
「緑の巨人伝」よりオリジナルがある分だけ遥かにマシだが、全体的には並かそれ以下。
良い所も悪い所も
映像面では綺麗になったのかもしれないけど・・・。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
『ドラえもん』の映画は、僕が子供の頃から今も作り続けられていて、まさに世代を超えている。僕が子供の頃の作品のリメイク版も作られているのだけど、今回は『新・のび太の宇宙開拓史』を見た。

『宇宙開拓史』は「ドラえもん」の映画としては2作目。僕もオリジナル版は見た。ただ、原作の漫画、さらにはSF短編『ベソとコタツと宇宙船』の記憶が混ざっていて、オリジナル版の映画の細部はかなり曖昧。

オリジナル版の『宇宙開拓史』も原作にあるシーンが結構カットされていたり、逆に追加されていたりしている。有名なのび太とギラーミンの決闘シーンはオリジナル版にはない。と言うか、僕はあったと思い込んいたのだけど、実は無かったと最近知った。記憶ってば曖昧だ。

で、今回の映画はリメイクというよりも原作の再映画化に近いんじゃないかと思う。オリジナル版でカットされていた場面がリメイク版では復活してたのは嬉しかった。この辺は脚本の真保裕一が分かってる所なのかな。

ただ、リメイク版で追加されたモリーナ絡みのエピソードはいるかな?モリーナが入ったことによって、ロップル君がのび太やドラえもんの力を借りずになんとかしようとする場面が無くなってしまった。ロップル君はある意味でこの映画の主役であり、彼の成長っていうのは一つのテーマだと思うんだけど。

あと原作のクライマックスであるのび太とギラーミンの対決が復活したのは良いんだけど、ちょっとニュアンスが変わってたのが気になる。原作ではのび太自身の意志でギラーミンとの対決を選択する、ここののび太はおそらく「ドラえもん」史上屈指のカッコ良さ。それが、この映画だと周りに言われて……という展開になっているのは、僕的にはかなり不満だった。

まあ、不満はいろいろとあるものの、一緒に見てたうちの子供たちは喜んで見てたのので、これはこれでアリってことなのかも知れない。
| アニメ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 18:23 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ