読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『新・宇宙開拓史』を見た。分かってるような、分かってないような。。。 | main | 『ドラゴンボール・エヴォリューション』を批判してる人、まずは実際に見てから言おうよ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『アゲイン 男たちの挽歌3』は不満もあるけど、好きな映画なんだよね。
評価:
---
Amazonおすすめ度:
コレを見てPART1をもう一度観るべし!
前の2作に負けない感動作☆
びっくり!!

 
JUGEMテーマ:映画

『男たちの挽歌』は大好きな映画。純粋に映画として最も面白いのは1作目。2作目のクライマックスの爽快感も大好き。では、3作目はどうか? と言うことで、今回は『アゲイン 男たちの挽歌3』を紹介する。

本作のタイトルは日本公開時には『アゲイン 明日への誓い』だった。正統な『挽歌』シリーズなのに、日本の映画会社がシリーズ作ではない作品に『男たちの挽歌 最終章』みたいなタイトル付けちゃったもんだから、『男たちの挽歌』ってタイトルを使いづらくなって、結局、微妙なタイトルでの公開になったらしい。でも、実際、続編としては微妙な位置付けだと思う。

と言うのも、本作が描くのは1作目の前日譚。1作目のラストで死亡したチョウ・ユンファ扮するマークを主人公に据えた作品。1作目のマークがいかに誕生したかを描いたエピソード0に当たる物語。

ただ、マークがマークになる為の物語としては、僕はちょっと納得いかんです。確かに劇中でサングラスやコートを手にする描写はあるものの、この作品の物語だけでは、普通の青年があのマークになるとは思えない。マーク以外のキャラが全員本作で初登場というのも問題アリ。やっぱり、ここはテイ・ロンあたりが出てきて、1作目と本作を繋ぐ役目を果たして欲しかったなあ。

アニタ・ムイのキティ、レオン・カーフェイのマイケル、そして、敵役はホーを演じるのは時任三郎。本作で一番カッコイイのは、僕は時任三郎のホーだと思う。吹替の声は微妙だけど、アクションも佇まいもユンファに全く引けをとらないカッコ良さ。ただ、名前がホーっていうのだけは何とかして欲しいなあ。これは日本語字幕の問題かも知れないけど、『男たちの挽歌』でホーって言ったら、そりゃテイ・ロンでしょ。そこは考えて欲しかった。

と、まあ、物語のディテールが甘いのは間違いないし、文句もいろいろあるけど、クライマックスの戦車との対決など、ツイ・ハーク演出らしい豪快な演出も悪くない。何よりアニタが唄う「夕陽之歌」が最高。この映画、好きです。

| 映画 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 19:15 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ