読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』 1600万年の時を超えた決着の行方は? | main | 『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』の良かったトコ。不満なトコ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『2012』ならぬ『2022』というタイのディザスター映画を見た!
評価:
¥ 4,440
Amazonおすすめ度:
No パニック,No 感動

 
JUGEMテーマ:映画

てっきり、エメリッヒの『2012』のパロディ的に日本版としてこんなタイトルを付けたのかと思ったら、そもそも原題が『2022』だった。ちなみにタイ映画。

内容としては、タイを襲う津波の驚異を描いたディザスターパニック映画。実はヨーロッパを大寒波が襲っていたり、アメリカに多数のサイクロンが発生したりと、世界中で同時多発的な災害が発生している。まさに自然の猛威によって、地球が危機に瀕しているのだけど、この映画は基本的にタイのことしか描かない。これだけの災害なんだから、他所の国まで手が回らないのは当然だ。

ストーリー的には、このテの映画では典型的な展開を見せる。イチ早く危機を察知した学者が、首相に知らせる。そして、危機に直面した人々は……?という感じ。所謂、グランドホテル形式の映画で、たくさんの登場人物が出てくる。ちょっと尺に対して登場人物が多すぎる気がしなくもないけどね。

で、そんな中で最も印象的なのは首相だ。劇中で「政治家には善人か極悪人しかいない」という台詞が出てくる。この首相は間違いなく善人。人類滅亡の危機に直面した一国の元首が取るべき行動って何だろうか?彼はバンコクが津波に呑まれると、躊躇なくレスキュー隊と共にヘリに乗り込み、レスキュー隊の先頭に立って、逃げ遅れた国民を救助し始める。まさに善人の行動だ。一国の元首の取るべき行動としては、ちょっと「?」だけど、とにかく善人だ。そんな彼にはラストで仏教の国タイならではの奇跡が待っている!

最大の見せ場は、やっぱり巨大津波。引き絵の時はなかなかの迫力。ただ、そんな巨大な津波がビーチを襲ってる瞬間に、のんびりとビーチでバカンスを楽しんでるカップルがいたりもするのはご愛嬌。いや、最後の最後だから二人でいたかったのか?

ちなみにタイトルの『2022』なんだけど、『2012』みたいに「マヤの予言が云々」みたいな「何故、2022年なのか?」という説明が全くなかったと思うんだけど、きっと僕がタイ語が分からなくて、聞き逃したんだ。


| 映画 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 18:51 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ