読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< ジャンプ打ち切り漫画列伝『翔の伝説』 | main | ジャンプ打ち切り漫画列伝『僕は少年探偵ダン♪♪』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
私的備忘録:2012年4月を振り返る
4月。
年度変りってことで、なかなか忙しかったんですが、それなりに本も読んだし、映画も観れました。


■こんな本を読んだ

先月読んだ中で印象的だった本は3冊。
珍しく今月は全部、小説ですね。

まず、スーザン・コリンズの『ハンガー・ゲーム』
たしか映画化されたって記事を読んだのが、きっかけで手に取ったと思います。と言うのも、紹介されていた内容が高見広春『バトル・ロワイアル』にそっくりだったからです。実際、読んでみると確かに似てる。「アメリカ的な解釈で『バトル・ロワイアル』やったらこうなった」って感じしょうか。映画もヒットしてるみたいだし、続編も刊行して欲しいところです。




続いて重松清の『希望の地図』
東日本大震災の被災地で復興を目指している人々を取材した小説です。ドキュメント・ノベルと銘打たれているように、かなり小説要素をちょっと含んだノンフィクションといった印象。震災から1年が経ち、ちょっとニュースなどで取り上げられる機会も減った感のある今、読んでおきたい一冊かも知れません。




そして、海堂尊の『ナニワモンスター』
ミステリ小説から始まった「桜宮サーガ」はついに国家のあり方にまで言及するスケールの作品世界を創り上げたんだなあ。という感じです。アウトブレイク物のような展開から地方vs中央という対立構造を描き出します。もう、シリーズが拡がり過ぎてて、この作品だけ読んでも面白いのかどうか分かりませんが、「桜宮サーガ」ファンなら間違いなく楽しめると思います。





■こんな漫画を読んだ

Web連載中の新シリーズが相変わらず面白い『キン肉マン』。僕の中ですっかり「キン肉マン熱」が高まってしまい。文庫版で最初から改めて読み返し始めました。

文庫版は初めて読んだのですが、所々、かつての単行本から修正されている部分や、丸ごとカットされているエピソードもあり、何だか時代を感じました。

僕には中学生の息子がいるんですが、息子も初めて読む『キン肉マン』に夢中になってました。特に初期のギャグマンガ要素が多かった頃がお気に入りのようです。

とにかく、『キン肉マン』はやっぱり面白いです!





■こんな映画を観た

ちょっと前に「必殺」シリーズの新作がテレビで放送されたのを観て以来、ずっと『必殺4 恨みはらします』を観たかったのですがようやく観れました。何度観てもこの映画は面白いです。深作欣二とJACの色が濃い映画で「必殺」的でない部分も目立つんですが、そういう点を差し引いても傑作です。特に真田広之の怪演が最高の見所です。



香港映画ファンを名乗りながら、まだ観てなかった映画ということで、『片腕カンフー対空とぶギロチン』を観ました。名作、傑作というのとは違いますが、これは必見。個性的な武術家(というか怪人)たち、そして、そいつらを倒すのに手段を選ばない主人公。見所満載、オススメです。



そして、『新幹線大爆破』。これもずっと見たかった映画です。もう、ホントに大傑作。乗り物パニック映画として一級品。主人公で新幹線に爆弾を仕掛けた犯人を演じている高倉健もメチャメチャカッコイイ。『スピード』の元ネタになったとも言われる作品ですので、長い映画ですが一見の価値ありです。



■その他のこと

プロ野球も開幕。斎藤佑樹がまさかの開幕投手をつとめ、そして、勝利。その後も好投を続けています。やっぱり、与えられたポジションに見当たった輝きを放つ人っているんですね。

で、問題は広島カープです。
僕は広島ファンなんですが、もうとにかく打てない。
開幕序盤こそマエケンのノーヒットノーランなんかもあり、一時は首位に立ったりしてたものの、打線が沈黙を続けて、全然、点が取れない状況が続いています。そして、気がつけばここ数年の定位置に沈んでる。。。今年はいけると思ったんだけどなあ。。。
まあ、まだ、始まったばかり、ここからです!
| 日記 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:37 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ