読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『ふたり、幸村』読了。「幸村」という名前のロマン。 | main | ジャンプ打ち切り漫画列伝『柳生烈風剣連也』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
『バクマン。』完結に寄せて
バクマン。 マンガ家への道(特典なし)

ついに『バクマン。』が完結しました。

正確に言うと、連載はすでに終了していましたが、最後のコミックスが今日、発売されたので、単行本派の僕としてはこれで完結です。

完結に寄せて、ちょっと感想を書いておこうと思います。

■とにかく完結して良かった!

何はともあれ打ち切りではなく完結したことが素晴らしい。

僕はジャンプの短期打ち切り漫画の収集を趣味にしてることもあって、打ち切り漫画の悲しい結末をたくさん読んでます。まあ、打ち切りが吉と出てる作品も無い事もないですが、大多数は酷いもんです。

人気漫画で長期連載になっても、人気がなくなれば打ち切りというのがジャンプですから、打ち切りという形で連載終了していない作品の方が珍しいくらいかも知れません。

『バクマン。』の作中でも多くの打ち切り作品が出てきましたし、何より主人公が目標としていた叔父・川口たろうは打ち切りの末に死んでいるわけですから、打ち切り漫マンガの最悪の結果を作中で描いているとも言えます。

『バクマン。』がそういう系譜に連なる作品にならなかったことは本当に素晴らしいと思います。


■ジャンプ・マンガ家が描く「理想のジャンプ・マンガ家ライフ」

よく比較される作品に藤子不二雄Aの『まんが道』、あるいは最近の作品だと島本和彦『アオイホノオ』、永井豪『激マン』などがありますが、これらの作品と『バクマン。』の決定的な違いは実録物ではないこと。

『バクマン。』のストーリーを簡単にまとめると、「中学時代にマンガ家を志した少年が、ジャンプで1番人気のマンガ家になり、初恋の女の子と結ばれる」という、それこそマンガ家を夢見た中学生が思い描く理想の未来像そのものです。

正直、僕は心の狭い男ですから、人の幸せ話なんてものは、聞いててそんなに楽しくないです。それでも最初から最後まで『バクマン。』を楽しく読めたのは何でだろうと考えました。

一つには王道的なジャンプ漫画の三要素「友情、努力、勝利」をしっかり盛り込んであるのが大きいと思います。それによって、成功者の幸せ話が王道の少年漫画として成立してたってことでしょう。

あと、個人的に思うのは、作者の二人、小畑健と大場つぐみがそれぞれに短期打ち切り作家だったからというのもあるかも知れません。一度は敗者の位置に落ちた二人が描く「理想像」だから、そこに共感できたって気はします。

もっとも、これは大場つぐみが噂通りガモウひろしだったらという前提ですが。


■大河ラブストーリーとして

さっきも『バクマン。』のストーリーを書きましたが、この物語は実を言うと「マンガ家漫画」である前に「初恋の二人の純愛ラブストーリー」なんです。と書いてる僕ですが、ラスト2巻くらいで、改めてそう思ったわけですが。

『バクマン。』の主人公・真城最高が、マンガ家になり、人気漫画を作り、それをアニメ化しようとしたのは何故でしょうか?

すべてはヒロイン・亜豆美保と結婚する為です。

そもそも、この作品は中学生の最高が同級生の美保にプロポーズするというところから始まりました。そして、二人が結ばれるところで完結。いきなりラブストーリーに転んだわけではなく、最初から想定していた、この結末以外に有り得ないラストに着地したということです。

長期連載にも関わらず、最初から最後まで物語がブレていない。僕はここを評価します。


■改めて『バクマン。』は名作です!

勿論、不満はなくもないです。
ラブストーリーなんだから、二人のドラマとして完結するのは良いとしても、「結局、マンガは結婚する為の手段だったってこと?」とか「もっと他のキャラのその後も描いて欲しかった!」とか思わなくもないんですが、それはまあ、好きな作品ゆえの無い物ねだりでしょう。

単行本20巻にわたって描かれたのは、
「マンガ家として頂点を目指す者と、それを取り巻く人々の青春群像」だったと思います。

もし、僕が中学生の頃に、このマンガを読んでいたら、ひょっとしたら少し人生が変わっていたかも知れません。

そう思わせてくれる魅力が、『バクマン。』には間違いなく有ります。

この作品を最後まで読めて、僕は幸せです。


 

  

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 漫画 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 19:35 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ