読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< ジャンプ打ち切り漫画列伝『チェンジUP!!』 | main | 【ガーディアンクルス】僕がとあるソーシャルゲームにハマった3つの理由 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
私的備忘録:2012年8月を振り返る

 8月はとにかくロンドン五輪。
そして、高校野球にドップリとハマった1ヶ月でした。
やっぱり、真剣勝負は面白いですね。

で、その結果として、映画や読書に費やす時間が極端に減ってしまいました。
本来なら盆休みもあったので、時間を使いやすい月なんですけどね。


■こんな本を読んだ

振り返ると「ガンダム」関係の本ばかり読んでます。
只今、絶賛、個人的ガンダムブーム継続中なので、しばらくはその傾向が続きそうです。

で、そんな中で面白かったのは、福井晴敏の『月に繭地には果実』です。
『∀ガンダム』を福井晴敏が小説化した作品ですが、終盤は富野監督が手がけた本家アニメ版よりも、むしろ富野由悠季っぽい展開になります。


大人のガンダム 完全版 (日経BPムック) (日経BPムック)
日経エンタテインメント! / 日経BP出版センター ( 2007-12-07 )



■こんな映画を観た

伊丹十三の『タンポポ』が面白かったです。
伊丹監督の映画は父が好きだったので、子供の頃、父と一緒に見てたんですが、『タンポポ』はたぶんちゃんと見たのは初めてです。こんなに面白いと思わなかったです。

で、あとは『新約Z』『関羽』ですかね。
何かねえ、三十代も半ばを過ぎたと言うのに、未だに小学6年生の頃に楽しんでた世界に浸っている感じです。まあ、それはそれで良いんですけども。


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
何度か見てるけど、何度見ても、これ一本で人物や組織の相関関係などを理解するのは、おそらく不可能。この映画を楽しむには、ガンダムに対するある程度のリテラシーが必要。出来れば「ファースト」と「Z」のTVシリーズを見てることが望ましいと思う。そういう準備が出来てるファンならば、ラストのシャアとアムロの再会のシーンはやっぱり熱くなる。結局、この決して出来のよくないダイジェスト映画も愛さずにはいられなくなってしまった。
鑑賞日:08月30日 監督:富野由悠季

KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝 [DVD]KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝 [DVD]
所謂、「関羽の千里行」を描いた作品。『三国志』における関羽の屈指の見せ場の一つ。とは言え、かなりオリジナルな展開を見せる。関羽の秘めた恋や、献帝のキャラと結末など『三国志』として見れば賛否の分かれるところだろう。個人的にはせっかく出てきた卞喜が流星鎚を振るう姿を見せてくれなかったのが残念。そもそも、ドニー・イェンが最後まで関羽に見えなかった。いろいろと問題はあるけど、それらを差し引いても十分に一本の映画として楽しめる。『三国志』知らない人の方がむしろ楽しめるかも。とにかく、ドニー・イェンがカッコいい!
鑑賞日:08月28日 監督:Array,フェリックス・チョン

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
FBI初代長官のフーバーの名前は知ったけど、ほぼどういう人物か知らなかったので、「史実では……」という点は気にせず見れた。と言うか、おそらくまだ縁者も生きてるであろう人物について、こういう映画を作れるところがアメリカ映画の懐の深さかも。ディカプリオが良かった。彼は年を経るごとに良い役者になってる気がする。
鑑賞日:08月27日 監督:クリント・イーストウッド

デザート・フラワー [DVD]デザート・フラワー [DVD]
なかなか見応えのある映画。単純なスーパーモデルのサクセスストーリー物かと思ってたら、中盤から終盤にかけて強いメッセージ性を持った展開を見せる。ちょっとだけ調べてみたら、映画で描かれているエピソードは結構、事実に忠実らしい。つまりワリス・ディリーの人生というのが壮絶だということか。
鑑賞日:08月21日 監督:シェリー・ホーマン

タンポポ [DVD]タンポポ [DVD]
とにかくラーメンが食べたくなる。たしか『シェーン』を元ネタにしてた筈だけど、まあアイデアのスタート地点くらいの感じかな。「美味いラーメンを作る」という一点を中心にいろんな人間ドラマが描かれる。本編と直接絡んでないシーンも含めて笑える映画。今見ると大物俳優がズラリ。間違いなく傑作。
鑑賞日:08月19日 監督:伊丹十三

華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
「カメラをどこに置き、どっちを向けるか?」という問題はあるにせよ、この映画で語られていることは衝撃的だ。民主主義、資本主義経済、アメリカ合衆国、ブッシュ……いろいろと知らないことが多すぎる。ただ、映画としては『ボウリング・フォー・コロンバイン』の方が面白かったかな。
鑑賞日:08月18日 監督:マイケル・ムーア


■こんな漫画を読んだ

今月は全然、漫画読んでないですね。
ただ、やっぱり『バキ』の最終回(と言うか、結局は『範馬刃牙』の最終回だったわけですが)と『タフ』の最終回は感慨深いですね。やっぱりあれだけの長期に渡って続いてきた格闘漫画が、どういう形であれ終わりを迎えたということに敬意を表したいですね。


■その他のこと

最近、スクエニが出したiPhone用のソーシャルゲーム『ガーディアン・クルス』にハマってます。友達がやってたので、僕も「暇つぶし」くらいのつもりで始めたら、すっかりハマってしまいました。無料のソフトなので、興味のある方は是非、一度、ダウンロードして遊んでみてください。

で、ゲームを始める時に下記の招待コードを入力すると、新しく始める人も、招待した僕もレアカードを1枚もらえるので、お互いにお得です。宜しくお願いします。

GUARDIAN CROSS | SQUARE ENIX
http://www.square-enix.co.jp/smart/gc/

招待コード: ID95806

このゲームに関しては、また近いうちに記事を書きたいと思ってます。

| 日記 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 16:27 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/10/08 12:20 AM |

ブログパーツ