読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 【ガーディアンクルス日記】適材適所と新人育成で挑む! | main | 私的備忘録:2012年9月を振り返る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
【ガーディアンクルス日記】ソーシャルゲームをゲームにする為に。
まだまだ快調に『ガーディアンクルス』(以下、ガークル)にハマっております。
そんなわけで、今週の「ガーディアンクルス日記」いってみましょう! 

 ■最初から諦めムードの公式デビュー


今シーズンはコロシアムの参加条件が、「プレイヤーレベル50以上」は公式コロシアム、「プレイヤーレベル50未満」が初心者コロシアムということで、レベル50をわずかに超えてしまっている僕は、問答無用で公式コロシアムに出場することになりました。

これまで初心者コロシアムへの参戦を続け、「初心者コロシアムでAランク〜Sランクに手が届くあたりまで来たら、満を持して公式コロシアムにデビュー」という未来図を描いていた僕の目論見が一瞬で崩壊してしまいました。


そんな状態ですから、当然、公式デビューへの準備など出来ておらず、おまけに先週のコロシアムの報酬は「守りの特級魔石」。「守り」の魔石はトレードでも敬遠されがちで、戦力増強もままなりません。


しかも、「同一ガーディアン禁止」という出場条件も有り。これまで僕のチームを支えてきたスライムトリオも今回は1体しか参加させられず、むしろ先週よりも戦力が低下しているような状態です。


正直なところ、最初から諦めムードだったことは否めません。



■序盤の快進撃!あわよくば……


と言うことで、諦めムードでスタートした今シーズンなんですが、意外にも序盤は予想外の快進撃を遂げます。


スライムが使えなかったので、員数合わせで入れた窮奇あたりが、こっちの思惑以上の活躍を見せてくれました。



員数合わせのつもりが意外に活躍してくれた窮奇さん

気が付けば、初心者コロシアムでもまだ到達したことのなかった「A+ランク」に突入していました。



一瞬の夢だったものの、初めて「A+」を見ました。


勿論、序盤も序盤の話ですから、このまま「Aランク」を維持できるほど甘くないとは思ってましたが、あわよくば「Bランク」を狙えるのでは……なんて夢も一瞬見てしまいましたが、中盤以降、相手チームは10体全部が★5の魔獣なんてのもザラに出てきだし、全く手も足も出ずに黒星の山。


そして、結局はどうにか「C+ランク」という結果に終わりました。
まあ、終わってみれば、結構、健闘した方かも知れませんね。



■『ガークル』がまた一つソーシャルの殻を破った!


先週末から期間限定クエストとして「トリアル海底神殿」がオープンしました。
これが面白いです。



海底神殿はソーシャルゲームの未来を見せてくれます。


『ガークル』はソーシャルゲームという枠組の中で、従来のソーシャルゲームにはないゲーム性を追求してるゲームだと思ってるんですが、今回の「トリアル海底神殿」はかなりゲーム性の高さを感じます。


従来のソーシャルゲームのクエストの場合、「行動力を消費してアクションボタンを押すとクエストの達成度が上がり、100%になるとクエストクリア」というのが基本システムです。プレイヤーのやることと言えば、決まったボタンを押すだけ、そこには選択の余地はありませんから、それ自体で言えば、ゲーム性は極めて低いです。


で、『ガークル』はと言えば、「行動力を消費して画面上にあるいくつかの敵のシルエットをタップしてその敵と戦闘。これを繰り返し画面上のすべての敵を倒すとクエストクリア」というシステムです。一応、「画面上の敵のどれと戦うか?」を選択する余地がありますから、戦う順番を選べるという点で従来のソーシャルゲームよりはゲーム性は有るのですが、それでも全部倒さないと進めないという点で、やってること自体はそんなに従来のソーシャルゲームと変わらないとも言えます。


そんな中で現在オープンした『トリアル海底神殿』はちょっと違ったルールを採用していて、「行動力を消費して画面上のいくつかの?をタップすると[敵との戦闘][宝箱][鍵][扉][何もなかった]のいずれかのイベントが発生し、鍵を入手して扉をタップすると次のステージに進める」というシステムになっています。


つまり、画面上のすべての?をオープンさせることなく、次のステージに進むことが出来るのです。


と言うことは、「早く先に進む為に鍵を入手したらとっとと扉を開ける」とか「経験値やアイテムを狙ってすべての?をオープンさせる」といった、「行動力の範囲内でどういう選択をするか?」というゲーム性が生まれています。


ゲーム性というのは「選択の余地」の広さに比例すると僕は考えているので、このシステムは『ガークル』がソーシャルゲームというフィールドにあって、また一つ殻を破ったと評価したいです。


是非、配信の待たれる第2章もこのシステムを継承してほしいです。


ただ、「海底神殿」のクエストに出てくる敵がかなり強くて、苦戦しているわけなんですけどね。。。


関連記事
【ガーディアンクルス日記】適材適所と新人育成で挑む!
【ガーディアンクルス日記】まだまだ高い5000位の壁 | ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
【ガーディアンクルス】僕がとあるソーシャルゲームにハマった3つの理由  ジズゼゾ 〜 Zhi-Ze Zest Zone 〜
 

| その他 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 18:19 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ