読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 今年のカープは熱い! | main | カープがトップで交流戦突入! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
今日から、広島vs巨人の3連戦!
今日からカープは巨人と、東京ドームで三連戦。

現在の対戦成績は3勝3敗の五分。
お互いのホームで勝ち越してるので、東京ドームではカープがやや分が悪い。

本日の先発はカープが大瀬良。巨人が内海。
明日からはマエケンvs菅野、バリントンvsセドンというのが大方の予想。

カープは移動日を挟んでる点は、ちょっと有利かな?
まあ、巨人がホームってことを考えれば、そこはイーブンか。

ただ、どうしたって簡単には勝てない3連戦になりそうな予感がヒシヒシ。。。


現在の両チームともに、絶好調状態という感じではない。

カープはと言えば、何せエルドレッドが絶不調。
昨日、名将ケニーが打撃指導を行ったようなので、復調してくれると信じているけどね。

あと、個人的にはそれ以上に気になるのが、最近、拙攻が続いてること。
併殺や犠打失敗が目立つ。
巨人の投手陣がいつもの力で来れば、そう何度もチャンスが作れるとは思えない。
少ないチャンスをモノにするには、カープらしい小技が決まらないと苦しい。

最近、やや打線が上向きになってるとは言え、カープの持ち味は走って、守って勝つ野球だと思うので、何とかそこをシッカリ決めて欲しい。

一方の巨人はと言えば、こちらはヤクルトにまさかの3タテを食らっての4連敗中。
セペダの加入という良いニュースはあるものの、アンダーソンが離脱。
また、昨年は盤石だったリリーフ陣が、まだ不安定。

そう考えれば、正直、去年のクライマックスシリーズの時に感じたほどの絶対的な強さは感じない。
今の巨人には、それなりにつけいる隙もありそうに見える。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ

で、先発陣を並べて、プロレス的に考えてみる。
要はどういう“ブック”が書けるかということ。

まず、大瀬良と内海。

大瀬良は4勝1敗とは、前回のヤクルト戦の内容はちょっと頂けない。今回は修正してくれると思うけど、ちょっと不安。
逆に内海はここまで勝ち星なしとは言え、内容は決して悪くない。

僕がブックを書くなら、やっぱり大瀬良が巨人にリベンジするブックが一番面白いんじゃないだろうか? 内海には悪いけど、今年は名勝負の末に敗れるジョバーをお願いします。と言ったところ。


2戦目はマエケンと菅野と仮定。

マエケンも前回の登板がイマイチだったので、不安。
一方の菅野はと言えば、前回登板で1敗したとは言え、内容はかなり良い。おそらく今、セ・リーグで最強の投手なんじゃないかな? 僕は好きじゃないけども。

と言うことで、もし仮に菅野がここまで無敗で来てたら、ここでの負けブックは書けないところだけど、前回、負けてくれてるので、負けのブックも書ける。と言うことで、マエケンが「海を渡ったマー君に触発されて、菅野に貫録を見せて圧倒」というブックを期待したい。


3戦目はバリントンとセドンと仮定。

バリントンは前回登板が最悪で、ホントに目も当てられないKO劇。甚だ不安。
一方のセドンはここ2試合ばかり負けが続いてるとは言え、最初の広島戦で完璧に抑え込まれた印象が強い。

ぶっちゃけ、ここはどっちも負けのブックが書きやすい。悩むところだけど、「バリントンが信頼回復の好投、打線もセドンにリベンジ!」というブックがシックリ来るかな。


……結局、広島の3連勝やないか!
まあ、そりゃ、僕は広島ファンなので、それは仕方ない。
そういうつもりで応援してるからさ。

ただね、こうして両チームの戦力やら、現在のチーム状態を考えれば、ややカープファン的な贔屓目を入れて、五分五分じゃないかな。ぶっちゃけ、どう転んでも不思議はない。巨人の3タテだって、十分に可能性はあるよなあ。

いずれにしても、3試合とも1点を争う好ゲームになると予想。
応援してる側からすると、胃の痛くなる話だけど、やっぱりこれこそ野球の醍醐味。
面白い試合を期待したい。

勿論、その結果、カープが勝ったら言うことなし!
良い形で、初のリーグ首位での交流戦突入といきましょう!
| スポーツ | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 13:03 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ