読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 今夜はマエケンvs金子のエース対決! | main | 悪夢のようなゲーム。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
カープ。今シーズンのワーストゲーム。
昨日は身体が重かった。
久しぶりのスタジアム観戦で疲れたのもあるけど、とにかく精神的なダメージが大きかった。

交流戦第4戦。
カープはオリックスに8対1の惨敗。
これで交流戦、勝ち星なしの4連敗。

数字以上に内容が悪い。
昨日の試合は、今シーズンのワースト候補とも言うべき酷い内容でした。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ


 

昨日の試合、まず驚かされたのはロサリオのスタメン起用。
チーム練習見てたら、「あれロサリオっぽい選手がいるな?」とは思ってたんですけど、スタメン発表されると、「3番ライト・ロサリオ」。そしてエルとキラが並ぶ、クリーンナップ。確かにド迫力。一昔前のオリックスみたいな打線だ。でも、結果としてこれが敗因の一つになった。

最近、四球からミス絡みで大量失点というのはよく見る場面。昨日の試合に関してはロサリオとキラのエラーが失点に繋がった。

エラー絡みでの失点と言えば、1点目が頂けない。簡単に2アウト取った後、糸井に四球。その後が最悪。

糸井が盗塁。多分、ノーマークだったんじゃないかな? 石原の2塁送球が糸井に当たって、外野に転がる間に三塁まで行かれて、T岡田にタイムリー。

これ防げた点だと思うんだよなあ。で、この点が入ってなければ、流れは変わったんじゃないかと思う。

その次の回で追いついたのは良かった。先頭のキラがヒットで出塁。ただ、その後が下位打線。ぶっちゃけ、点が入りそうな気がしなかった。特に石原の場面では僕の観戦してた周りでも「ここで石原かあ。。。」って諦めムード。結果、石原がタイムリーで、この日、唯一の宮島さんを唄わせてくれた。ホント、石原さん、ゴメンね。

連打でオリックス先発の八木を捉えかけたと思ったら、2回1失点であっさりとピッチャー交代。思い切った交代だったけど、結局、ここでのリリーフがこの試合の1番のポイントだった。琢朗コーチもそう言ってる。


正直、オリックスの先発が八木と聞いた時、「今日は勝てる」と思った。僕の隣で観戦してたオリックスファンの方も「なんで八木やねん」と諦めムードだった。

実際、八木の出来は良くなかった。もし、次の菊池まで投げてくれてたら、展開が違ってた可能性もある。そこをいち早く交代させたオリックスの采配に負けた。

今シーズンのカープはリリーフの力で勝ってるとよく言われる。確かにそのとおりなんだけど、それは優位にゲームを進めてて、逃げ切る時には抜群の安定感を見せている。ただ、劣勢の時、そこから立て直すような投手起用はあまりない。

昨日の大瀬良は確かにエラー絡みで不運な点もあったけど、大瀬良自身の出来も良くなかったと思う。カープも早めのリリーフを送るべきだったかも知れない。

もっとも、その後を任せられる投手のコマが不足してるのも事実。昨日のベンチのメンバーだと中田、一岡、永川の次のカードが、やや弱い。結果、あの段階まで大瀬良で引っぱるしかなっかった。

こないだ代打の迫力不足というのをブログに書いたけど、今のカープはレギュラークラスの戦力は十分に揃ってきたけど、投手も野手も、その次のクラスがやや見劣りする。つまり層の薄さ。これが一番の不安要素。

今年のカープは確かに優勝を狙えるチームだと思う。でも、戦力を比較すれば、決して隙のない強いチームではない。

カープには、マツダに帰って、もう一度、昨シーズン終盤から開幕当初に見せていた弱者が勝つための戦略を見つめ直して欲しい。

カープは挑戦者なんだから。

試合は最低だったけど、やっぱりスタジアム観戦は楽しい。特にほっともっとフィールド神戸は雰囲気も良くて最高。

いつか日本シリーズでカープとオリックスが実現したら、またこの場所で観戦したいなあ。
| スポーツ | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:27 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ