読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 読書感想文にオススメ!「痛快世界の冒険文学」! | main | 優勝を狙うカープの三つの不安要素 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
カープ、阪神3連戦に向けて。
カープのことを書くのも随分と久しぶりです。
勿論、毎日、試合のチェックは欠かさずやってますが、何書こうか考えてるうちに、今日になりました。

オールスターは「カープ祭り」といった感じで、カープの選手たちが大活躍し、後半戦のスタートダッシュに期待したのですが、オールスター以降、ここまでどうも投打がかみ合わず負け越しています。

ただ、それでも何故か首位・巨人と2.5ゲーム差の3位。
オールスター前より差が詰まってます。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ

と言うのも、オールスター後の上位4チームがそろって、どうにも波に乗れていないからです。

オールスター後の上位4チームの成績は以下のとおりです。

1位 巨人 3勝7敗1分
2位 阪神 4勝6敗
3位 広島 5勝6敗1分
4位 中日 6勝6敗

勝ち越してるチームがありません。
阪神、巨人よりはカープの方がマシだったので、上位との差が詰まりました。

ただねえ、どのチームも最後までこんな調子で行くとは思えません。
間違いなくこの不調からいち早く抜け出したチームが優位に立つでしょう。

現在のカープの明るい材料は、先発投手陣の復調でしょう。

マエケン、大瀬良、バリントン、野村といった序盤の好調を牽引した先発陣に加え、戸田、福井もゲームを作れるようになってきました。この点は大きい。

一方で不安材料は、エルドレッドと中田廉の状態です。
正直、オールスター明け、この二人で落とした試合が目立ちます。
勿論、この二人だけの責任にするつもりはないのですが、カープのスタートダッシュ成功の立役者だけに目立ってしまうのかも知れません。

エルドレッドに関しては、元々、好不調の波は激しい選手ですから、こういう時期もあるんでしょう。昨日の試合ではタイムリーも出たし、僕としては今年は、もうエルドレッドと心中する覚悟で良いんではないかと思います。4番で使い続けることで、復調しまたホームランも出るでしょう。

中田廉については、やはり年間通して活躍した経験のない選手ですから、疲労もあるでしょうし、メンタル面の問題もあるでしょう。ただ、個人的にはそれだけじゃなく、相手に研究されクセとかを見抜かれてるような気もします。敗戦処理とかに配置転換することが決まったようですが、僕は出来れば1度、ファームで調整した方が良い気がします。

幸いなことに一岡も帰ってきましたし、永川も安定感を取り戻した感じです。中崎もしっかり投げれるようになってきました。救援陣の駒は揃ってるので、打線が奮起してくれれば、十分にまだまだ優勝狙えます。

今日からは京セラドームで阪神との3連戦。
阪神は当面のライバルですから、出来ればここで勝ち越して、イッキに2位奪回と行きたいところです。

相手のホームゲームとは言え、甲子園ではないですから、地の利もそこまでではない筈です。

ここのとろこ、3連戦の初戦を取れてないケースが多いので、まずはエース・マエケンで確実に勝っていきたいところです。

週末は近畿地方は台風直撃みたいですが、この3連戦はドームですから関係なし。ここを勝ち越して、弾みをつけましょう!
| スポーツ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 13:19 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ