読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< カープ、阪神3連戦に向けて。 | main | カープ、巨人との死闘を制す。優勝に向けて意義ある勝ち越し! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
優勝を狙うカープの三つの不安要素
台風直撃の中で行われた、阪神との三連戦は、カープの1勝2敗。
どうにか負け越しは阻止したというところです。

今のカープのチーム状態はかなり悪いです。

・チャンスで機能しない打線
・リリーフ陣のコマ不足
・エースの不調

この三つの不安要素が、現在のカープが優勝に向けて克服しなければならない問題でしょう。

 
JUGEMテーマ:広島東洋カープ


■チャンスで機能しない打線

打線については、とにかくエルドレッドの不調が厳しいです。
11試合ホームランなし、24試合連続三振はまだしも、8月の打率が1割切ってるというのが深刻です。前を打つ、堂林(もしくは天谷)、菊池、丸が好調なだけに、エルドレッドがチャンスで打てないという場面が、なおさらに目立ちます。

もっとも、チャンスで点が入らないのは、何もエルドレッドだけの話ではなくて、何せ今のカープは得点圏での一本が出ません。

実際、「イライラ感」を数値化すると、今年のカープは1番イライラする試合が多いらしいです。

参考:
<プロ野球>今年一番イライラさせられた試合は? (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

ホントに1アウト3塁で凡退みたいな場面も見飽きてきた感じです。

幸いキラが復調気味なのは好材料ですし、僕としてはそれでもエルドレッドは4番で使い続けて欲しいです。あれだけの成績を残せてるわけですから、実力は間違いないんです。怪我や体調不良でないなら、きっかけ一つでまた爆発してくれる筈です。

前回の記事の繰り返しになりますけど、僕は今年はエルドレッドと心中で良いと思います。


■リリーフ陣のコマ不足

リリーフについては、先ほど一岡がまたしても右肩の違和感で抹消というニュースが入ってきました。

参考:
広島・一岡が再び右肩に違和感で登録抹消 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

明らかに故障前に比べて内容が良くなかったので心配してましたが、残念です。
一岡は真面目そうだし、何より今、投げられることが嬉しそうなのですが、何と言ってもまだ若い選手です。今シーズンがダメでもまた来年以降がある選手です。ここは無理させないように、大事に治して欲しいです。

一岡が抹消、中田廉が不調で敗戦処理に配置転換。
ただでさえ、不足しているリリーフのコマが、また足らなくなりました。

現在のリリーフ陣で計算できそうなのは、まずは復調した永川。あとは昨日の試合でラジオ解説の矢野さんもべた褒めの中崎。あとは小野くらいですかね。

本当はここに今村、久本あたりがいればと思いますが。。。ない物ねだりですね。

ファームの成績からすると、横山、江草といったベテラン勢を上げる感じになるんでしょう。

それもアリだと思いますが、例えば九里をリリーフに配置転換して起用するというのはどうでしょうか? スタミナ的にはロングリリーフも任せられますし、僕は九里は1軍でも十分に通用する投手だと思ってます。

ミコライオは安定感のあるピッチングを続けてますから、そこまで繋げるリリーフがいれば、勝ちパターンは作れます。誰かが穴を埋める必要があるのは間違いありません。


■エースの不調

マエケンが勝てません。
内容自体は普通のピッチャーであれば、そこまで批判されるほどではないですが、マエケンとなれば話は別です。

マエケンは自他ともに認めるカープのエースです。
エースである以上、マエケンに要求ハードルはどうしたって高くなります。

チームとしてもマエケンに託して、敢えて上位チームに当たるローテになってるわけですから、マエケンの勝ちは計算してる筈です。

幸い先発投手陣自体は復調の気配があります。一時期ように誰が投げても大炎上という感じではなく、ゲーム自体は作れてます。

ここでマエケンが残り全部勝つくらいの活躍を見せてくれれば、優勝も見えてくると思います。



不安要素を三つあげましたが、一つ思うのは、全ての根っこの部分にあるのは、「優勝争いへの経験不足」ではないかと思います。

今、カープは優勝に手の届く位置にいます。
優勝を狙える位置にいるのは、間違いありません。

正直、この状況を意識するなというのは酷な話です。

それを意識してしまって、みんな本来の力を発揮できていないのではないでしょうか?

カープは優勝から長らく遠ざかっているチームですし、主力として優勝争いを経験した選手もいません。

ここが現在、優勝を争っている阪神、巨人、それに中日も含めていいでしょう。この3チームとの大きな差です。

だけど、ここを乗り越えなければ、優勝は出来ません。

今、目指すべきは、CSでもないし、勝率5割でのフィニッシュでもなく、リーグ優勝です。

おそらく、今、カープは優勝への道のりの最大級の壁を前にしていると思います。
この壁を打破すれば、優勝が大きく見えてきます。

明日からマツダでヤクルト、巨人との6連戦。
僕も精一杯の応援をします。
この6連戦で壁を打破してくれることを期待してます!
| スポーツ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 18:23 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ