読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< Yahoo!コミックで『がんばれ!キッカーズ』全巻読破! | main | 『キャプテン翼 海外激闘編』の第2話を読んで、いろいろ思う。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
小山田圭吾の「もしこの曲をリミックスしてくれと頼まれたらどうしますか?」会議
JUGEMテーマ:音楽
ナタリー - 小山田がフリージャズからPerfumeまで架空リミックス
江森丈晃(yoga'n'ants、元シトラス)が取材した今回のインタビューは、小山田圭吾にさまざまな楽曲を聴かせ「もしこの曲をリミックスしてくれと頼まれたらどうしますか?」を訊くというもの。

マイケル・ジャクソンからオーネット・コールマン、そしてPerfumeまで、あらゆるジャンルの楽曲について架空のリミックスプランを考えてもらい、「CM3」ができるまでの彼の思考の経緯を浮き彫りにしていく。「リミックスとは何か」といった深部にまで迫ったコメントはファンならずとも必読だ。

ナタリー - [Power Push] CORNELIUS スペシャルコンテンツ
スペシャルコンテンツのインタビューが読み応えあり。
なるほど、小山田圭吾という人はこういう風にリミックスのアイデアを組み立てていくのか!という感じ。

マイケルの「Human Nature」とオーネット・コールマン、あと、スミスのリミックスは是非、やってもらいたい。きっと、面白い曲に仕上げてくれる筈だ。

  

こういう「架空の〜」的な企画は大好き。ちょっと前に全然違うけど「アメトーーク」でやってた「芸人ドラフト会議」も面白かった。いろいろなジャンルでこういう企画をやってみると面白いと思うな。

それにしても、小山田圭吾はこんなに喋る人だったんだ……と彼のインタビューを読むたびにいつも思ってしまう。僕の中では16〜7年前くらいに「ミュージックステーション」に出演した時に見たファーストインプレッションが未だに残ってて、彼は喋らない人というイメージが強く残ってる。やっぱり、何度か彼のインタビューを読んでるのに、そのイメージは拭い去れない。第1印象って大事だね。

 
| 音楽 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:41 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ