読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
<< 『こち亀』のドラマ化続報。どうやら、本当みたい。 | main | 『ソクラテスの人事』を見て、問題を出題してみたくなった。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
記事の引用の良し悪しの基準。
JUGEMテーマ:インターネット
「ブログに他人の記事を無断転載 男を逮捕」:イザ!
他人のインターネットサイトからコピーした記事を自分のブログに無断で転載したとして、千葉県警生活経済課などは27日、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで、大阪府高槻市堤町の会社員の男(54)を逮捕した。
例えば、この記事にもニュースサイトから文章を引用してるわけだけど、これってダメなのかな?

こういうニュースが出るたびに、判断の基準を知りたくなる。
記事を読む限りで、判断基準となりそうなのは2点。
  • 著作権を持っている会社が何度も警告を行っていた。
  • 自分のサイトからの売上をあげる為、信用度をあげる目的で利用した。
前者については、警告は無視しちゃいかんということだし、後者については、その利用方法が問題で、恐らくは引用元を明示せずに使ってたことが原因だったんじゃないかと推測できる。

一番分かりやすいのは、実際にその問題のサイトを見せてくれることだと思うんだけど、それは無理なんだろうな。

ともかく、ジズゼゾは引用元は出来るだけ明示しますし、警告があれば真摯に受け止めますので、そっとしておいてください。
| インターネット | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ