読んだ本。観た映画。聴いた音楽。だいたいそんなようなコトを比較的地味に書いてます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
人気のエントリー
最近、読んだ本
最近、読んだ漫画
zhi_zeの最近読んだ本
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
カープ、阪神3連戦に向けて。
カープのことを書くのも随分と久しぶりです。
勿論、毎日、試合のチェックは欠かさずやってますが、何書こうか考えてるうちに、今日になりました。

オールスターは「カープ祭り」といった感じで、カープの選手たちが大活躍し、後半戦のスタートダッシュに期待したのですが、オールスター以降、ここまでどうも投打がかみ合わず負け越しています。

ただ、それでも何故か首位・巨人と2.5ゲーム差の3位。
オールスター前より差が詰まってます。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
読書感想文にオススメ!「痛快世界の冒険文学」!
夏休みですね。
夏休みと言えば、読書感想文。

うちのブログでも5年ほど前に「僕が選んだ、中学生の読書感想文にオススメの7冊。」を書いてて、未だにこの時期になると、この記事へのアクセスが激増します。

5年も前の記事にばかりアクセスが集まるのもあれなので、今年は新しい読書感想文にオススメの7冊をまた紹介したいと思います。

今回は前回とは趣向を変えて、講談社が15年くらい前に刊行した「痛快世界の冒険文学」というシリーズから7冊選んでみました。今回はちょっと対象が広くて、小学校の高学年くらいから高校生まで、オススメできます。

「痛快世界の冒険文学」はたしか講談社が何周年か記念に刊行した文学全集で、古今東西の名作冒険文学を、人気作家が翻案するといったコンセプトのシリーズだった筈です。

取り上げられている作品も『十五少年漂流記』『モンテ・クリスト伯』『宝島』といったこのテの児童向けの全集では定番の作品だけでなく、『笛吹童子』や幸田露伴『運命』など、なかなかお目にかかれないような作品まで、SF、ミステリ、歴史物などバラエティ豊かなラインナップが揃ってます。

また、執筆陣も豪華で、伊集院静、阿刀田高、田中芳樹、宗田理などベストセラー作家が揃い踏みです。

刊行当時から気になっていて、最近、ようやく全24作品を読み終えました。

ぶっちゃけ、ほとんどの作品が一定の完成度に達していて、好みの問題もあるので、僕としては全作品読むのをお奨めしたいところですが、時間に余裕のない方も多いでしょう。

と言うことで、今回は「痛快世界の冒険文学」の中から、僕が面白いと思った7冊を紹介したいと思います。
 
JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 読書 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
カープ、前半戦を終え、後半戦に向けて。
前半戦が終わりました。
どうにか、オールスターブレイク前の試合を勝利で飾ったものの、やっぱり昨日の試合も楽には勝てませんでしたね。

今のカープは、とにかく投手陣がボロボロです。
先発で計算できるのはマエケンのみ、リリーフ陣もミコライオ以外は誰が出てきても不安です。

打線の方は、波があるものの、総合的に見れば好調と言って良い状態です。
梵やキラあたりも復調の兆しが見えますし、また捕手の會澤が打力をアピールし始めてくれました。
 
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
交流戦を終えて。
サッカーの日本代表、負けちゃいましたね。
まあ、仕方ない。4年後目指して、再出発です。

で、一方、カープはと言えば、交流戦の最後を5連勝で飾り、どうにか9連敗の悪夢を払拭した状態でレギュラーシーズンに戻れそうです。

9連敗して、巨人に抜かれて5ゲーム差付けられた時には、
「今シーズンもこれまでか……」
と観念しかけたのですが、そこから破竹の5連勝!
巨人とのゲーム差も2.5。まだまだ、十分に射程距離。
この状態でレギュラーシーズンに戻れるのは、最高とは言えないまでも、ポジティブに捉えて良いのではないかと思います。

ただ、そうは言っても、やっぱり不安を感じるのも、ファン心理でしょう。

 
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
カープ、5連敗。そして、首位陥落。
ついに開幕から守って来た首位の座から陥落しました。今のカープの状態では当然です。むしろ今迄首位だったのが不思議なくらいです。

誰かどうやったらカープが勝てるのか、教えてください。

篠田、マエケン、九里、大瀬良。そして、今日のバリントン……先発ローテーションの全員が炎上。

カープは先発が安定してるから連敗しない。そんなことを言われてたことが遠い昔の話のようです。

ここ数試合、守備の乱れをきっかけに先発が早々に炎上して、そのままワンサイドで負ける試合が続いてます。

四月が良すぎた。
カープは交流戦が苦手。
そろそろ疲れが出始める頃。
長いペナントレース、調子の悪い時期は必ず来る。
……覚悟はしてたつもりですが、さすがにこの5連敗には、心が折れそうです。

どうやれば、またカープは勝てるようになるんでしょうか?

なんだか今のカープを見てると、これから先の交流戦全敗どころか、その先も一つも勝てないんじゃないか……そんな不安が拭えません。

応援してる僕がそうなんですから、きっと選手たちは、もっと不安の闇の中をお彷徨っていると思います。

この闇を払拭してくれる、そういう選手。救世主が必要です。

一人の選手の活躍によってチームの雰囲気が変わることがあります。

今のカープの選手の中でそれが期待できるのは、栗原ではないでしょうか?

実際に先月、ファームの試合で栗原のプレーを見ましたが、正直、お世辞にも好調とは言えず、全盛期にはほど遠い状態に見えました。

それでも、僕は今のカープには栗原が必要なんじゃないかと思います。

今のカープにはチームを引っ張るリーダーが必要だと思います。こんな時こそ、浮き足立つチームを引き締める役目をベテランに担って欲しいです。

キラが抹消され、ロサリオも12日まで再登録できないとなれば、長打を期待できる選手が必要でしょう。

今こそ栗原を見てみたいです。
栗原も場所を与えられることで、復活するのではないかと思います。

明日、野村祐輔が先発のマウンドに戻ります。先発ローテーション再生のきっかけになる好投を期待します。

明日こそ勝ちましょう!

| スポーツ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
交流戦、後半に向けて。
交流戦の前半が終了し、カープは4勝8敗と大きく負け越し、交流戦順位も最下位です。
ある程度、予想していた部分もありますが、それにしても派手に負けたもんです。

おまけに負けの内容も良くない試合が目立ちます。
直近の日ハム戦との2連戦も、篠田、マエケンで完敗。
ミスもありましたし、相変わらずタイムリーも出ない。
移動日前の試合がそんなだと、どうにも次の試合までの気分が重いです。

で、そんな状況であるにも関わらず、セ・リーグの順位はまだ1位。
2位の巨人とのゲーム差も1.5を保っています。
何なんでしょうね? この状況は。
気分的には独走で最下位みたいな気持ちなんですけど。
 
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
カープvs楽天のドラマ。
仙台でのカープと楽天との2連戦。
なかなかにドラマがありました。

良くも悪くも。
という感じですが。

1戦目。
先発・大瀬良が好投しながら、打線の援護がなく、中継ぎが打たれてサヨナラ負け。
またしても、悪夢のような負けでした。

そして、2戦目。
前日の負けの反省を踏まえたような試合でした。
先発・バリントンがこちらも好投。打線が早い段階で得点し、中継ぎがキッチリと締めての快勝。

簡単に書くと、これだけなんですけど、いろいろとドラマがありましたね。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
エースと4番!
昨日のカープは良かったですね。

マエケンはさすがにエースというピッチングを久々に見せてくれました。
ピンチでキチンと三振が取れる。さすがにマエケン。
8回まで投げてくれたので、リリーフ陣を休ませることもできました。

打つ方では、エルドレッドが2本のホームラン。
1回の攻撃は理想的な形でした。
先頭の梵がヒットで出塁。菊池がキッチリ送りバント。そして、丸が四球を選んだ後、エルドレッドの3ランホームラン。
それぞれが与えられた仕事をした結果の先取点。こういう点が入るのが一番嬉しいです。

そして、石原のホームラン。
これは正直、予想外。何せ打率1割台の打者ですからね。
ただ、「もしかしたら……」という期待を抱かせるようそとしては、「名将ケニーのバッティング教室」を石原が受講したこと。ホントにその一点だけです。
それがこの結果。本当に信じられません。

先日、「名将ケニーのバッティング教室」を受講したのは、石原、梵、広瀬のベテラン3人。で、このロッテとの2連戦では、この3人が揃って結果を残してるわけです。
これまでにも「名将ケニーのバッティング教室」が開講する度に、受講者は次々と結果を残しています。「ケニーは打撃コーチとしても有能」とかって声はよく聴きますが、何か最近の効果のほどを見てると、「ヤバい薬でも処方してるんじゃないか?」とか「悪魔と取引でもしたんじゃないか?」といった疑惑すら覚えます。
……というのは、冗談にしても、それくらい凄いです。

その後、良いところでエルドレッドがさらに一本ホームラン打ってくれました。
やっぱりエースが好投して、4番と女房役が援護すれば、チームは勝ちますね。

良い勝ちゲームだったからこそ、敢えて気になった点も書いておきます。
やっぱり、「勝って兜の緒を締めよ」です。
 
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
悪夢のようなゲーム。
本当に悪夢みたいなゲームでした。

5月28日のカープとロッテの一戦。

カープの先発は九里。
序盤、やや不安定ながらも低めにボールを集め、要所を締めるピッチングで、6回まで1失点の好投。

ここ2試合、九里は好投しながらも、打線の援護に恵まれず、勝ちがつかなかったのですが、このゲームでは1回に先制後、4回にはロサリオ、キラのホームラン、梵のタイムリーで4点差。

正直、この時点で僕を含め、勝ちを確信した人も多かったと思います。
何せ今シーズンのカープ好調の原動力である、中継ぎ陣が控えてるわけですからね。
九里のヒロイン楽しみやなあ。と僕は思ってました。

……まさか、その中継ぎで悪夢を見ることになるとは。。。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ
続きを読む >>
| スポーツ | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
カープ。今シーズンのワーストゲーム。
昨日は身体が重かった。
久しぶりのスタジアム観戦で疲れたのもあるけど、とにかく精神的なダメージが大きかった。

交流戦第4戦。
カープはオリックスに8対1の惨敗。
これで交流戦、勝ち星なしの4連敗。

数字以上に内容が悪い。
昨日の試合は、今シーズンのワースト候補とも言うべき酷い内容でした。
JUGEMテーマ:広島東洋カープ


 
続きを読む >>
| スポーツ | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ

ブログパーツ